照明で俳優だけを強調する

先日、とある演劇関係の雑談の席で、若い照明家から「どう照明すれば舞台を立体的に見せられるのか」という質問をされた。その時は「前からよりも横からあてるようにするのが基本」というようないい加減な答えでごまかしてしまったのだが、ここではこの問題をもう少しちゃんと考察してみたいと思う。

質問は「どうすれば立体的に見せられるか」だったが、この疑問をもう少し一般化して、「どうすれば見せたいものだけを強調することができるか」ということで考えてみる。

たとえば、演劇の舞台セットの中で俳優が演技をしているとする。この俳優をきちんと見せたいが、舞台セットもなかなか存在感があり、ただ明るくすると俳優の見え方がセットに負けてしまう。かといって俳優だけにスポットライトをあてるのは不自然でわざとらしい。自然な光で、しかしセットがあまりうるさくならず、俳優だけがきちんと見えるようにするにはどうすればよいか。という問題を例題としよう。

この場合、目指す目標はシンプルで、「見せたいものをより明るくする」である。一番わかりやすい方法は、俳優にあたる光とセットにあたる光をわけることである。それができれば、俳優とセットとの明るさのバランスを簡単に調整することができる。

しかし現実的には俳優にあたる光とセットにあたる光を完全に分離することは難しい。その場合は、「俳優だけ」にあたる光だけでも出来ないかを考える。つまり、
(1)全体(セットも俳優も)にあたる光
(2)俳優だけにあたる光
これがもしできるなら、(1)と(2)のバランスを調整すれば俳優だけを明るくすることができる。

しかし、実際には、俳優だけにあててセットにあたらない光などというものは、実現できない場合がほとんどである。唯一、有力なのはSS(真横からの光)である。舞台がプロセニアム形式で、両サイドが袖幕(またはそれに類するもの)なら、SSを床ぎらいで作れば、ほとんど俳優だけにしかあたらない光ができる。だが、SSの光は基本的に不自然だし、複数の俳優どうしの奥行きがカブると影になるという難点があるので、有効に使えるケースは限られる。

さて困った。俳優だけにあたる光を作れない(と仮定する)。俳優に光をあてると、どうしてもセットにもあたってしまう。そういう場合、俳優とセットで明るさの差をつけることは、出来ないのだろうか。

答えは「出来る」。ただし、ライト の台数がある程度必要になってくる。
・俳優に対して、複数の方向から光をあてる
これが解答である。俳優にあてた光がセットにあたってしまうといっても、それはセットの一部分であるはずだ。前からの光ならセットの奥、上からの光ならセットの床、上手からの光ならセットの下手に光が流れる。そこで、たとえば下記の3台のライトを設置したとする。
(1)下手から俳優にあたる光(セットの上手部分にもあたる)
(2)上手から俳優にあたる光(セットの下手部分にもあたる)
(3)前から俳優にあたる光(セットの奥部分にもあたる)
そしてこれら3つを同時に点灯する。すると、俳優には3台のライトがあたるが、セットには、そのどの部分にも1台程度のライトがあたるのみである。3台のライトの光があたる俳優は、1台程度のライトしかあたらないセットに比べ、明るくなる。これで、俳優だけを明るくすることができた。

以上が「基本原理」である。実際の設計においては、セットの形や位置、その中での俳優の導線や立ち位置を考慮しつつ、俳優とセットとの明るさのバランスを考えながらライトの吊り位置と照射範囲を考えていく必要がある。


カテゴリー: 照明


流行か、それとも混乱か

ふと、ブログを書いてみる気になった。そんなことは最近は滅多にないので、思い立ったらすぐ書こう。内容にはこだわらぬほうが良い。前の記事との関連も無用だ。どうせ読むほうはそんなことにかまやしないだろう。

先日、港が見える海に近い場所での仕事があった。休憩時間に何気なく窓際でスマホに夢中になっていると、「屋形船!」という声が聞こえて目をあげた。見ると、たしかに船がいる。周囲を赤やら緑やら青やら黄色やらの毒々しい色のLED電飾で飾っている。これが今の屋形船か、と、少しガッカリな気持ちになった。

そういえば、LED電飾が広まって以降、街中のあらゆる電飾がとても汚くなったと感じている。そんなにビカビカにグチャグチャな色を使って、つけてるほうは本当にそれを綺麗だと思っているのか? 「カラフルで素敵ねー」って、本当に思っているのか?

街中の電飾に限らない。舞台照明も、最近は、なんかちっとも美しくない光がまかり通っているように思う。
技術が進歩するのは良いことだ。だが、デザイナーがしっかりしていないと、たくさんの汚れた光がそこいら中に散らかってしまうような気がする。

散らかす連中がいるからには、誰かが掃除して綺麗にしないといけない。
散らかし続ける者がいる限り、綺麗にし続けないといけない。


カテゴリー: 日記・近況


2015年回顧

年が明けて2016年になりました。
昨年(2015年)はだいぶ仕事が多かったので、数年ぶりに一年間のプランを振り返ってみました。
2015年のプラン一覧です。

『ENTRANCE』世田谷美術館(パフォーマンス、演出:多田淳之介)(1月)
『あむ』キラリふじみ(コンサート、音楽監督:矢野誠)(2月)
『高松なう』サンポート高松(市民劇、演出:多田淳之介)(2月)
Fバレエ発表会(3月)
『ふじみものがたり』キラリふじみ(市民劇、演出:多田淳之介)(3月)
Sダンス発表会(4月)
Hカラオケ歌謡ショー(4月)
Yカラオケ歌謡ショー(5月)
『Miageru』福井市文化会館(市民劇、演出:多田淳之介)(5月)
『Peace』アトリエ劇研(東京デスロック)(8月)
『Peace』四国学院ノトススタジオ(東京デスロック)(8月)
Nダンス発表会(9月)
『熱帯樹』ザ・スズナリ(三条会)(9月)
『颱風奇譚』韓国安山文化芸術の殿堂(作:ソン・ギウン、演出:多田淳之介)(10月)
『颱風奇譚』ソウル南山芸術センター(作:ソン・ギウン、演出:多田淳之介)(10月)
『颱風奇譚』東京芸術劇場シアターイースト(作:ソン・ギウン、演出:多田淳之介)(11月)
『颱風奇譚』キラリふじみ(作:ソン・ギウン、演出:多田淳之介)(12月)
Jダンス発表会(12月)
『そろそろソロを』StudioGOO(松田弘子ソロダンス)(12月)

以上19本でした。
ありがとうございました。
本年もよろしくお願いします。

カテゴリー: 日記・近況


年度内の予定

せめて今後の予定ぐらいは季節ごとにブログにアップしていきたいと思います。
以下、今年度内(2016年3月まで)に僕が照明プランをする予定の公演一覧です。

10、11、12月
日韓共同制作『颱風奇譚(たいふうきたん)』
原作:W.シェイクスピア『テンペスト』
作:ソン・ギウン 演出:多田淳之介
舞台美術:島次郎
韓国 安山アートセンター 10月16日(金)~17日(土) 
韓国 南山アートセンター 10月24日(土)~11月8日(日)
東京芸術劇場シアターイースト 11月26日(木)~29日(日)
キラリふじみ 12月4日(金)~6日(日)

1月
リクウズルーム『アマルガム手帖+』
作・演出:佐々木透
こまばアゴラ劇場 2016年1月8日(金)~13日(水)

2月
キラリふじみ・コンサートシリーズ『うた』
音楽監督・作曲・ピアノ:矢野誠
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ 2016年2月28日(日)

3月
東京デスロック『Peace (at any cost?)』
inspired from 『アカルナイの人々』アリストパネス著
演出:多田淳之介
ドラマトゥルク:中田博士
青森公演 渡辺源四郎商店しんまち本店二階稽古場 2016年3月12日(土)~13日(日)
埼玉公演 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ 2016年3月25日(金)~27日(日)

いずれも、僕自身が本番オペレーションをする予定です。
よろしくお願いします。



カテゴリー: 日記・近況


夏以降の予定

ブログをぜんぜん更新できず、申し訳ありません。
夏以降、いくつか照明プランの予定がありますのでお知らせします。

8月
東京デスロック 新作『Peace (at any cost?)』
http://deathlock.specters.net/index.php?e=67
inspired from 『アカルナイの人々』アリストパネス著
演出:多田淳之介
ドラマトゥルク:中田博士
京都公演 アトリエ劇研 8月21日(金)~23日(日)
香川公演 四国学院大学ノトススタジオ 8月29日(土)、30日(日)

9月
三条会『熱帯樹』
http://www.sanjoukai.jp/
作:三島由紀夫
演出:関美能留
下北沢 ザ・スズナリ 9月24日(木)~27日(日)

9月(照明プランではありませんが、)
北とぴあ演劇祭照明講座
http://www.hokutopiaengekisai.com/2015/workshop/lighting
北とぴあ(東京都北区)ペガサスホール 9月28日(月)、29日(火)

10、11、12月
日韓共同制作『颱風奇譚(たいふうきたん)』
http://www.kirari-fujimi.com/program/view/458
原作:W.シェイクスピア『テンペスト』
作:ソン・ギウン 演出:多田淳之介
舞台美術:島次郎
韓国 安山アートセンター 10月16日(金)~17日(土) 
韓国 南山アートセンター 10月24日(土)~11月8日(日)
東京芸術劇場シアターイースト 11月26日(木)~29日(日)
キラリふじみ 12月4日(金)~6日(日)

いずれも、僕自身が本番オペレーションをしますので、毎日現場におります。
よろしくお願いします。

カテゴリー: 日記・近況